ミュゼキャンペーン予約

ミュゼ店舗キャンペーン体験カウンセリング予約

ミュゼが初めての方は、無料カウンセリングの予約から。おすすめは期間限定キャンペーン開催中のWEB予約です。会員になると、専用サイトから簡単にオンライン予約が行えるようなります。カウンセリングと施術、別々に予約するのは面倒ですが、カウンセリングで納得できなかったら契約しなくても良いと考えると…むしろ好印象ですね。カウンセリングに必要な持ち物は、身分証明書くらい。未成年であれば保護者の同意書も必要です。ミュゼは「勧誘なし」をうたっています。とりあえずお話を聞くだけでも大丈夫ですよ!

 

ミュゼ キャンペーン
⇒今月末まで限定キャンペーンこちら!!

 

よく聞くのが「ミュゼは予約取れない!」と言う口コミ。実際はどうなのでしょうか?「OLさんがたくさんいるところは予約できない」状況が確かにあるみたい。意外に「田舎は予約が難しい」と言う意見もあって、店舗数と利用者のバランスが問題なのかな、と言う面が見えてきます。

 

「この店舗は人気かな?」と感じたら、別の店舗の状況も見てみましょう。ミュゼは国内最大規模で店舗展開しています。お近くにもう1、2店舗、うまくするともっとあるかも知れません。そちらと合わせて利用できるのもミュゼの強みです。

 

ミュゼプラチナムでは予約管理アプリが導入されています。キャンセル料は無料なので、とりあえず予約が取れる日に入れておき、「今日行けそう」と思ったら当日の空き状況を確認、当日予約ゲット!と言うことも多いみたい。あとみんながお休みの期間は予約がいっぱい、平日の昼間は狙いどころ。お昼休憩を利用して脱毛に来るツワモノもいるとのこと。ミュゼの脱毛は短時間で終わるからこそ可能なんだとか。

 

電話予約もできるのですが、ミュゼは一生懸命ウェブ予約限定特典をアピールしています。ネット予約を使って、来られる隙間時間にどんどん来てほしいんですね。スマホにアプリを入れておくと、キャンセル情報など空き状況をお知らせしてくれてすごく便利!簡単に予約やキャンセルができます。当日でも、10分前でも、ドタキャンでもキャンセル料はナシ。ちょっと優しすぎません?でも本当。だけど予約も「約束」ですから、なるべく気を付けましょうね。

 

脱毛キャンペーンについて

 

クレジットカード会社や住宅展示場、スナック菓子からテレビ局まで、「キャンペーン実施中!」のコマーシャルを良く見かけますが、キャンペーンって、なんだと思いますか?本来の意味、「社会的啓蒙活動」から派生して、「大規模な商業宣伝」になって日本に定着しています。ミュゼの脱毛キャンペーン、色んなお得ポイントがたくさんあります。

 

ミュゼのキャンペーン、時々チェックしてみて!

時期によって、様々に展開するミュゼプラチナムのキャンペーン。脱毛したいって考えたら、まずはキャンペーン情報を探しましょう。いつからいつまでなど期限や、クーポンを使える条件など、気を付けて読みましょう。うっかりすると何万円分も手放していることに!とにかくまずはウェブチェックから。申し込み方法で、最初からドン!と差がついちゃうことも!

 

例えば。過去のキャンペーンでは「脇+Vライン(ビキニライン)完了コース」が安すぎ価格の50円だったことも。これ、激安を通り越して「なんの代金?」て心配になるくらいです。(自信の表れ?)あとは半額キャンペーン。脱毛4回以上の契約で半額、と言う内容です。近頃は新規のウェブ申し込み限定、アプリ取得限定など。ウェブの利用でお得になることが多いです。会員になっちゃった後は使えないものもありますので、予めよく考えておきましょう。加えて、ミュゼは脱毛予約、申し込み、脱毛プラン管理もウェブ上で行えます。

 

友達紹介サンクスチケット

ミュゼをお友達に紹介してその方が新規契約すると、紹介した方とお友達、両方にサンクスチケットがもらえます。脱毛チケットとしてミュゼの脱毛料金を引いてくれたり、クーポンに変換して脱毛以外に使うこともできます。有効期限があるのと、友人紹介の条件として、お友達のウェブ予約限定です。要注意!

 

バースデーチケット

お誕生日にはまたサービスチケットが発行されます。脱毛プランを追加するときの値引きに使ったり、特定のパーツを無料で脱毛してもらったりできます。期限は次のお誕生日。各種チケットはなんと!併用可能!使い方を考えておかなくちゃ!

 

株主になっちゃう?

昨年末、RVHと言う医療系の会社の子会社になり、株式会社ミュゼプラチナムに生まれ変わりました。株主優待券として、割引券、コスメチケットがもらえるようです。これから本腰を入れて脱毛に取り組むなら、会社を丸ごと応援しちゃいましょう!番外編として、ご参考まで。

 

 

ミュゼ 脱毛 カウンセリング

 

ミュゼでは、初めての方に行う無料カウンセリングに力を入れています。脱毛についてやムダ毛の自己処理法、困っていることなどの内容の相談に乗っていただけます。契約はその後、施術は後日改めて。カウンセリング後、その日にすぐ施術はできません。

 

脱毛は「きれいにすること」ですが、女性の肌へ手を加えることです。良い変化とはいえ、違う状態にするには慎重に慎重を期するのが当然です。脱毛効果、料金などのお話を知ってから、必要であれば時間を置き、完全に納得した場合に契約、脱毛施術と言う流れにされているのは、女性への配慮だと思います。一晩寝たら「やっぱりやめたくなった!」っていうこと、よくありますよね。ひと先ず契約しないで持ち帰り、2回目のカウンセリングをお願いすることもできます。

 

まず無料カウンセリングの予約をしましょう。コールセンター(コンシェルジュデスク)に電話をかけても良いのですが、今はやっぱりウェブ予約が便利でお得です。ミュゼプラチナムの場合、ウェブ予約特典が用意されていることも多いですから、スマホやパソコンで、オフィシャルサイトにお邪魔してみましょう。カウンセリングの内容は脱毛や契約のことの他、少しでも疑問があったり、不安があれば、全部お話しちゃいましょう。持ち物は身分証明書くらいです。

 

時間は60分から90分くらい。ムダ毛を見たりすることもありませんので、服もいつものお出かけ着でOK。初めての方なら、心配なのでお試し価格のプランにしたい、と正直におっしゃってください。ミュゼはもちろん、そのつもりでキャンペーンを作っているのですから、嫌な顔なんてしません。ミュゼでは勧誘をしないことがホームページにしっかりと記載されているので、無茶な契約を持ち掛けられることもないでしょう。

 

ミュゼは遅刻厳禁で知られています。カウンセリングはともかく、施術の予約時間には10分前到着を心がけましょう!10分遅刻するとキャンセルになります。ペナルティーがないのは良いのですが、新たに予約を取り直す必要があります。無料カウンセリングとはいえ、人間同士の約束です。遅刻しそうな場合は早めに対処をしましょう。

 

ミュゼ 脱毛 キャンセル

 

多くの脱毛サロンでは、予約をキャンセルするとキャンセル料が発生したり、その回の施術が消化されちゃったりして。本当に残念なことになるのですが、ミュゼではそれらのがっかり、一切なし。前日でも当日でも、無料でキャンセルできます。ありがたいシステム!

 

だって人間だもの、風邪だってひくし、お仕事では仕方がない変更もあります。ちょっとしたストレスで生理が早まったり遅くなったり、ありますよね?自己処理もして、お店に向かっているのに渋滞につかまることだってあります。

 

脱毛料金は非常に高額です。脱毛効果を考えても、1回1回大事に受けたいのに仕方がなくお休みしたら、1回分にカウントされたり、キャンセル料が発生したり。準備があるのもルールも分かるけど、どうにもならないことってありますから。

 

ミュゼプラチナムでは、一切のキャンセル料がすでに廃止されています。これは1回ずつ予約する施術日程に限らず、契約そのもののキャンセルにも当てはまります。12回契約の2回を終えた時点で解約手続きを行った場合でも、違約金、キャンセル料は発生しません。残りの10回分の料金を返金してくれます。クレジットカード払いも大丈夫。未払いが残っていても、一度全額を引き落とし、改めて未使用分の料金を返金することで対応してくれます。ただし返金システムは最後にお店に行って2年が期限。施術予約をキャンセルしたことがある場合、返金から除外されることもあるそうです。この2点は注意ですね。

 

予約をキャンセルしなきゃ、と思ったらすぐにコールセンター(コンシェルジュデスク)かウェブから手続きをしましょう。ドタキャンは誰でも困りますよね。そして注意したいのは「遅刻厳禁」です。予約時間の何分前か(理想は10分前!)に到着しましょう。10分遅れると、その回はお手入れしてもらえないこともあります。無断キャンセル扱いになるのですが、そんな時でもまた予約を入れると、ちゃんとその分も脱毛できます。お金を払わないでOKなんて、なんとも甘やかしてくれるミュゼですが、くれぐれも、約束は守りましょう!

 

ミュゼ 脱毛 問い合わせ

 

ミュゼプラチナムに関する相談窓口をご案内します。ミュゼのたくさんある各店舗の連絡先は、住所意外積極的には公開されていません。コールセンター(コンシェルジュデスク)からつなげてもらう形が一番早いみたい。あと、各店舗の定休日もバラバラ。年末年始の営業日、営業時間などは各々確認しましょう。

 

オフィシャルサイトがあります

ミュゼはウェブで予約やキャンセル、自分の脱毛プラン管理ができます。会員になればこれらのシステムを使うことができますが、まだ会員じゃなくてもホームページを見ることはできますし、ウェブから無料カウンセリングの予約ができます。

 

ウェブ予約限定特典も多数用意されているので、これから通いたいならまずはウェブチェックは絶対おすすめ!ホームページからQ&Aを読んだり、脱毛のメカニズムや施術の流れも知ることができます(本ページ上部にあるリンク先から確認可能)。

 

コールセンターからコンシェルジュデスクへ

ミュゼではこれまで、電話窓口を「コールセンター」と呼んでいましたが、番号はそのまま「コンシェルジュデスク」へ名前を変更したみたい。会員の予約やキャンセル、クレーム、「脱毛しちゃったけど、頭痛薬飲んじゃダメかな?」などの細かな相談も全て受け付けています。会員じゃない方の相談にも乗ってくれますので、「いきなりミュゼのお店に行くのは不安」と言う方、ぜひコンシェルジュさんのお話を聞いてみましょう。電話番号は0120-965-489。年中無休、受付時間は10時から19時です。

 

カウンセラーさん

ミュゼでは無料カウンセリングを受けなければ脱毛は受けられません。スマホやパソコンで「ミュゼ 無料カウンセリング 予約」を検索、予約フォームから日時、店舗を選んで申し込みましょう。カウンセラーさんに脱毛や料金など心配ごとの相談にも乗ってもらって、疑問を解消してから契約します。電話ならコンシェルジュデスク、0120-965-489へ。こちらからもカウンセリングの予約ができます。この場合、「ウェブ予約特典」が付かなくなりますので、できればウェブ予約を!

 

脱毛後の悩みや、お肌のお手入れに関する相談もコンシェルジュデスクへ。もちろん、施術のついでにスタッフさんに聞いてみたり、別日にカウンセリングをお願いしてもOKです。

 

ミュゼ 店舗
↑キャンペーン・店舗予約に戻る

 

ミュゼ 脱毛 効果

 

ミュゼプラチナムの脱毛は、SSC方式と呼ばれます。Smooth Skin Controlの頭文字で、痛みの少ない、肌に優しい美容脱毛の方法です。ジェルとライトを使い、少しピリッと来る、と言う程度にまで痛みを抑えています。毛穴に針を差して焼いたり、毛を引っこ抜くわけではないので、肌への刺激も少ないと言われています。

 

ミュゼの脱毛は、完全に生えなくなると言うよりは、毛を弱らせ、それが自然に抜けてくることで、ムダ毛を薄くしていく効果があります。永久脱毛が目的の医療脱毛もありますが、高額で痛みも強く、施術に時間もかかります。手軽な価格で痛みを少なく、脇なら1回3分程度で終了するのがミュゼの魅力。代わりに、効果を得るには最低5、6回は通うことが必要になります。2、3ヶ月ごとの一般的な頻度で施術すると、1年〜1年半は必要です。

 

効果は個人差が大きく、施術する部位、施術回数でも差が現れます。腕はすぐきれいになったけど、ハイジニーナ(下半身の下着で隠れる部分)はあまり効果ない、と言う方もいれば、Vライン(ビキニを前面から見た部分)が一番効果的だった、と言う声も。2年できれいになる人もいれば、3年通ってそこそこ、と言う人も。一般的に脇など濃く太い毛に効果が表れやすく、細いうぶげには効きにくいようです。

 

ミュゼのジェルは制毛効果を促します。脱毛部分に塗って、その上から光をごく短い時間、パッと当てます。毛が吸収しやすい色の光を当て、同時にジェル内の成分も光に反応して、成長期の毛を弱らせるのがメカニズムです。弱ったムダ毛が1〜3週間で抜ける仕組みになっています。抜けるまで待つと面白い様にぽろぽろ抜け落ちるみたいですが、待てない場合、抜ける前に剃るのはOK。自分で抜くのはやめましょう。

 

これを毛周期に合わせて施術します。皮膚に生えている毛は、全体の何割かだそう。残りのムダ毛が生える頃、また次の施術を行います。こうしてすべての毛穴に施術すると、元々剛毛だったのに弱々しい毛しか生えて来なくなったり、ムダ毛の自己処理が簡単になるのだそうです。個人差から、抜ける時期や何回目で効果が出るかが事前には分からないので、例えば契約回数内で腕の脱毛に満足したから、残り回数は他のパーツの脱毛に使うことにした、と言う方もいるし、足りなくて回数を追加する人もいます。効果がなくて解約する人もいます。

 

ミュゼ 脱毛 口コミ

 

ミュゼプラチナムに関しては、幅広く様々なレビューがあげられています。今回、可能な限りの口コミを読んでみました。結果、良い噂と悪い噂、両方に特徴が見えて来たのでレポート致します。

 

良い噂

まずはとにかくコスパ(コストパフォーマンス)には高評価が集まります。設定価格の低さに加え、クーポンが定期的に発行されたり、キャンペーンに合わせて追加契約できたりと、安さにひかれて通っている方が多いです。店舗数が多くて選べるところ、店員さんが強引に勧誘をしないところも評判です。施術時間が短く、すぐ終わるところもメリット、平日のランチ休憩に行けちゃうみたい。「ニューマシン(ミュゼ

エクスプレス)早い!」と言うツイートも。

 

脱毛効果が高く、デリケートゾーン(ハイジニーナ、VIOとも)の施術も痛みが少ない、と言う方も。ミュゼはSSC方式での脱毛と言うこともあり、ニードル、レーザーなどの医療脱毛での痛みを嫌って、デリケートゾーンだけはミュゼで、と言う意見もあります。痛くない、と言うのはかなりのメリットみたいです。

 

オフィシャルサイト上で、返金システムをしっかり提示しているところから、不安なく契約できるのも人気の秘訣だと言えます。本格的な脱毛コースに挑戦、となれば、「えい!」と勢いでも付けなければ契約できない金額です。後で後悔しても、未使用回分は返金してもらえるのは安心ですよね。

 

悪い噂

ミュゼの裏事情、倒産騒ぎに関連し、半年程度の期間、「解約したほうがいい?」「返金してくれない!」と言う口コミが盛り上がりました。これに関しては運営会社が変わり、営業を継続することも決まって、返金に関しての騒動は終了しました。つまり返金遅れは免れなかったが、ともかく返金はされた、と見られます。

 

この時期、ミュゼは営業方針をいくらか変更しています。それに付随し、返金以外にもデメリットレビューが募って来ています。まずはサービス、店員さんの対応が雑になった、と言うもの。施術予定箇所に必要な、事前の自己処理がかなり厳しく言われるようになったこと、新規顧客の獲得路線から、客1人に掛ける人員、時間が減らされているらしい、と見られています。

 

新規導入されたミュゼエクスプレスと言う機械の脱毛効果に不満を持つ意見も。効果はそのまま、施術時間を約半分に短縮できると言う売り文句ですが、導入前の機械と比較し、脱毛効果が見られなくなったと言う常連さんが、もう行かなくなったと言うお話もあります。エステティシャンの技量に差が生じやすいのかも知れません。そして相変わらず、「全身脱毛は安くない」「予約が取れない」。長く続くデメリットです。

 

ミュゼ 脱毛 経営

 

2015年末、日本中の脱毛女子たちが大騒ぎしていたのをご存知でしょうか。ミュゼプラチナム、倒産するのではないか、と言う噂が溢れていました。ネットニュースにもなったミュゼの倒産危機。今後は大丈夫か?気になるポイントを解説して参ります。

 

過去、何が起こったのか

経営破綻、倒産などと口コミが沸騰した頃、何があったのでしょうか。実はかつての経営会社、ジンコーポレーションに問題があり、広告料の多さや社長の高橋仁氏が持ち馬に「ミュゼ〜」と名付けていたこともニュースのネタになりました。2015年5月、ネットにニュース記事が出ると、解約申し込みが増え始めます。10月、社長発表で任意整理に入ったことが明らかになりました。「ミュゼ、やばいかも」「潰れるのか潰れないのか」など、心配する方の声がネットに次々に書きこまれます。

 

不安は不安をあおります。解約、返金の申し込みがどんどん増え、2015年10月末には正規の返金期限、「申し込みの翌月末」に送金できなくなってしまいました。これがさらに会員の不安を増長、状態は悪化。口コミ内でも「お金が返ってこない」などと書き込まれる騒ぎとなりました。しかしその間もミュゼの営業は通常通り行われています。噂、口コミが原因、何も知らずにいた方には何の影響もなかった、と言うのが真相のようです。

 

今後はどう?

現在ミュゼは、「株式会社ミュゼプラチナム」が正式名称です。昨年まではジンコーポレーションと言う会社の事業でしたが、2016年1月、RVHの子会社になりました。元は医療系の製造会社だったのですが、現在はゲームやシステム開発、広告事業などの会社を持っています。その中の新参子会社として、美容系のミュゼが加わった形です。

 

返金騒動は年末以降、新展開はありません。解約、返金申し込みをされた方には無事に返金が完了したと思われます(未払いがあれば、大騒ぎになっているはず)。それ以前からの会員で、騒ぎの頃に解約していない方は、今も変わらず脱毛に通われています。親会社のRVHは東証2部上場企業で資本金も(一概に目安にはできませんが)以前と比べて桁違いです。今のところまず心配はない、と言えるでしょう。

 

ミュゼ 脱毛 勧誘

 

エステ、脱毛サロンなどの美容系サロンと言うと、何となく怖いイメージを持っている方も多いでしょう。どうしてかと言うと、少し前社会問題になったから。勧誘が強すぎたり、いつまでもしつこい誘い方をされて、なかなか逃げられなくて。無理に契約をさせられた方がニュースに取り上げられ、問題になりました。安いプランをお願いしたら高額のプランに勧誘された、勇気を出して断ると、店員さんの態度が一変したなど、この手の「あるある系口コミ」は引きも切らずに出て来ます。

 

ミュゼプラチナムでは勧誘をしないことがホームページにしっかりと明記されています。多くの方が閲覧するウェブ情報、「公言」と取っても良いでしょう。加えて現在は「ウェブ申し込み限定」の特典もかなり強く打ち出しています。ホームページを見て「勧誘なし」を信じている方がたくさん来店するでしょう。彼女たちを裏切れば、会社としても大損害であることは間違いありません。

 

ですから、ミュゼで脱毛を「試しに少しだけやりたい」と言う考えの方は、怖がらなくても大丈夫。カウンセラーさんや店員さんに、しっかりそのようにお伝えしましょう。気持ちが揺れ動く部分は誰にでもあります。「やってみたいけど、今は考え中」と言うようなあいまいな気持ちも、そのままお伝えすれば良いと思います。

 

多くの方の代弁としては、「興味はあるけど、どんなものか分からないうちに、高額の契約なんてできません」だと思います。でも新規契約がお得なのも確か。全ての情報をまずは手に入れ、よく吟味する時間を持つことが必要ですよね。

 

断り方を考えなくても、素直な気持ちでご相談することができ、納得の行く状態で脱毛を受けることができる。ミュゼではそれが当たり前のような気がします。カウンセリングを1時間以上かけて行い、あらゆる疑問や不安に答えてくれ、考える時間も与えてくれる安心感が、ミュゼプラチナムの人気の秘密かも知れませんね。

 

ミュゼ 脱毛 ミルクローション

 

ミュゼに通うと、脱毛のついでにお肌もきれいになるらしい、と言う口コミがあります。これは脱毛の刺激を押さえるジェルの効果と、施術直後から使用可能なほど刺激の少ない、ミルクローションの効果では?

 

SSCミルクローション

ミュゼプラチナムの脱毛方法はSSC方式、スムーススキンコントロール法と言うものですが、光を照射するので肌は乾燥状態になります。この乾燥が肌に負担となるため、施術中はジェルローションを合わせて使います。

 

施術が終わるとこのジェルは拭き取りますが、その後に塗るのがミルクローションです。エステティシャンは一様に「保湿」の重要性を説いて下さいます。これはミュゼに限ったことではなく、脱毛のメカニズムを知ると自ずとついてくる結論だそうです。日ごろのお手入れのみならず、脱毛している間は保湿が最重要課題です。

 

紫外線を反射する成分(UVカット)、多すぎる油分が含まれている市販の乳液やローションなどは、施術前に使うと脱毛効果が思うように出ないことも。でも保湿は重要。乾燥した肌では痛みも増すって言うし…と言うジレンマから生まれたのがミュゼのミルクローションだそうです。脱毛施術の直前直後はもちろん、顔からデリケートゾーンまで、毎日全身に使うことができます。きれいな肌の方が脱毛効果があるそうで、抑毛と言う点からも良いとされています。

 

どこで売ってるの?

会員サイトからの通販か、各店舗での店頭販売のみ。SSCミルクローションは無香料の他、3種の香りつき、モイストプラス、UVカットもあるみたいです。ミュゼ会員になるか、ごくまれにオークション出品されることも。後は市販されていないのが現状です。お値段も美容サロン商品と考えるととっても良心的、ボトルタイプで2000円くらい、小さいチューブタイプが500円くらい。

 

ミュゼ 予約
↑キャンペーン・店舗予約に戻る

 

ミュゼ 脱毛 料金

 

全国にはたくさんの脱毛サロンがありますが、「全身脱毛」と「部分脱毛」、メインに扱うコースで2種類に分けることができます。ミュゼプラチナムは部分脱毛で人気のサロンです。値段表が明解なのも、人気の理由です。(以下、料金は税抜き金額です)

 

Sパーツ、Lパーツ、完了コースパーツの3区分

脱毛面積が小さい部分をS、広い部分をLと分けています。鼻の下やうなじ、デリケートゾーンなどがS。腕や脚、背中は上下に分け、左右合わせてLパーツです。これとは別に「完了コース」と呼ばれる回数無制限のパーツとして、脇、Vラインがあります。脇だけ、Vラインだけなら3600円、ウェブ予約特典がついて千円割引になったりしても、回数無制限。新規会員申し込みキャンペーンで激安になるのも有名です。過去には50円なんてことも!それでもやっぱり、無制限!

 

気になる部分を選べるフリーセレクトコース

Lパーツなら1回6000円、Sパーツは2回で6000円を基本としています。6回コースなら、Lパーツの膝下を6回受けてもOK、膝下3回、腕下3回も可。途中からパーツ変更もできます。Sパーツを選びたい場合は2回でLパーツ1回分。4回膝下を受けた後、足指も脱毛したくなったら、Sパーツなので残りのLパーツ2回分で、足指(甲も含む)を4回、合計8回受けることができます。部位の追加、変更が自由なプランです。

 

脱毛したい部分がたくさんある方へ、人気のセットコース

デリケートゾーン付近の7パーツがセットになっている、ハイジニーナ7は1回12000円。全身美容脱毛コースが1回42000円。全身美容脱毛コースライトは1回31500円。パーツに分けた料金と比較すると、かなりお得です。

 

ミュゼは特典、キャンペーンが多い!

上記のメニューを回数契約し、金額は回数の掛け算です。そこへ更にキャンペーンが掛かって千円値引きや50%割引、脇、Vラインの完了コースプレゼントがついて来る仕組みになっています。

 

支払い方法

現金払いのほか、分割払いは店舗によってクレジットカードが利用できます。全身脱毛を割引なしで年4回受けると16万8千円。ローン払いで24回にすると、月払い額は8千円程度になります。全部払い終えると利率14.5%として、金利分2万円以上も余分に払うことになります。月額払いのほか、ボーナス払いも付けたり、余裕ができたら残金支払いを早めにしてしまうなど、少しでも早く返済をするように工夫しましょう。

 

ミュゼの場合、予約した時の条件や方法、契約した時点のキャンペーンで金額が大きく変わります。料金の値上げ、値下げだけでなく、先の増税でも月末に駆け込み契約が増えたみたい。脱毛料金は高いので、増税前と増税後の金額、結構違って来ますよ!

 

ミュゼ 脱毛 契約

 

ミュゼの脱毛を受けたい場合、会員契約が必要です。ミュゼプラチナムでは、年会費や契約金はありません。契約変更、解約しても違約金は発生しません。無料カウンセリングを受け、納得して契約し、おうちに帰ったとします。やっぱりやめたくなったら、無料で解約することができます。

 

ミュゼの脱毛施術を受ける前には、必ず無料カウンセリングを受けます。お店の仕組みや脱毛の方法、心配事があればその時に全部聞いちゃいましょう。カウンセラーさんのお話を聞き、悩みや疑問を質問して、納得してから契約します。

 

契約書には住所や氏名など、一般的な内容を記入します。合わせて身分証明が必要ですので、持ち物としては運転免許証や保険証、未成年であれば保護者の同意書を忘れずに持参しましょう。書き方は担当者に伺えば教えて下さいます。もちろん、少しでも心配があれば、契約せずに帰宅しても大丈夫です。保護者の方に同伴頂くことも可能ですが、ミュゼは女性専用サロンです。保護者が男性の場合は、その方は入店ができません。

 

契約期間は契約してから7年。更に最後にお店に行ってから5年です。コースで契約の場合、脱毛施術を受けたらその日から新たに5年、有効期間が随時発生します。妊娠中、授乳中には施術が受けられませんので、その期間はお休みして数年ぶりに通う、と言うケースも珍しくありません。もし解約したい場合の期間は、最後にお店に行って2年。残りの回数分の返金が受けられます。一度もお手入れを受けなければ全額返してもらえます。逆に途中でほかのコースにしたくなったら、一度コース解約して再契約ができます。契約分が終わったら、追加契約も可能。

 

転勤や引っ越しなど、当初考えていた店舗に通えなくなった場合は、別の店舗に行けばOK。店舗変更に手続きは不要です。予約の時に希望のお店を選びましょう。皆さん「空きが出たから、やっぱりこっちにしよう!」と言う感じ。美容脱毛専門店では日本最大の店舗数です。相性の良い店舗を探して、あちこち利用している方もいるようです。

 

ミュゼ 脱毛 学生

 

ミュゼには格安プランがあります。キャンペーン価格がワンコインでおつりが出る金額だったり、回数プランも半額の時もあって、学生さんにも安心して利用してもらっているみたいです。美容脱毛には数年単位の時間がかかります。少しでも早く始めたい、と言う女性にはありがたいですよね!

 

美容脱毛に限らず、医療脱毛も同じです。数ヶ月で終了するのは稀、中には数年かけてやっと、と言う方も多いです。そもそも皮膚表面に生えている毛は、全てではないようです。いま見ている毛は全体の1/5、2〜3ヶ月の周期で入れ替わっているそうです。多くの脱毛はこの「生えている」毛に作用して効果を得ます。最低でも毎回2、3ヶ月のインターバルを取った上で4〜5回施術をして、やっとすべての毛へアプローチしたことになるのです。

 

ミュゼプラチナムの場合、比較的肌に優しいと言われているSSC方式を採用しています。そのため、お子さんも受けて大丈夫ですが、生理が順調に来ていることが条件。成長の途中にはホルモンバランスが変化しやすいと言うのが、根拠だそうです。

 

学生OKなら、学生割引ってあるかなって期待しますよね。実は以前、あったみたいです。現在は学割適用以上に格安なプランが用意されていますので、学生限定の割引やセットコースなどはありません。加えて未成年の場合、保護者の同意書が必要になります。カウンセリングに付き添ってもらうか、一人暮らしや保護者が同伴できない場合は、契約前に書類を貰い、一度持ち帰って保護者に記入をしてもらう必要があります。その際にミュゼから保護者へ、内容の電話確認があります。成人でもミュゼの契約には年齢確認のために身分証明書が必要ですが、学生さんなら学生証を持って行っても大丈夫です。

 

親御さんはお子さんの脱毛、ちょっと心配、と言う方も多いです。世代によっては粗雑な脱毛で肌を悪くした、と言う状況があったのも事実ですので、あまり良いイメージを持っていない場合もあります。できれば保護者の方にカウンセリングに付き添ってもらって、不安を取り除いてもらうのが良いかも知れませんね。

 

ミュゼ 脱毛 妊娠中

 

ミュゼプラチナムでは、脱毛を受けられない条件をいくつか提示しています。その中にある「妊娠中」と言う条件なのですが…妊娠してから判明するまでの期間ってありますよね?どういうことなんだろう…ミュゼが言わんとしていること、代弁させていただきます。

 

まず、ご安心頂きたいのは、たとえ妊娠中に脱毛施術を受けたとしても、お母さんにも赤ちゃんにも何の影響もない、と言うこと。妊娠してからしばらくは、自分でも気が付かないことも多いです。この間にもし脱毛していても、妊娠やその後の出産になんら問題は生じません。ではどうして施術をしてくれないか。ここが気になりますよね。

 

ムダ毛を含む発毛には、ホルモンが深く関係することが知られています。妊娠すると、女性は一気にホルモンバランスを変化させ、赤ちゃんをはぐくむ体へと作り変えが始まります。これに関連し、何もしていなくても「すね毛が濃くなった」と言うママもいれば「ムダ毛が抜けちゃった」と言うお母さまも。どう変化するか、読めない状態になるのです。

 

母体としてのホルモンバランスの変化は、授乳期まで続きます。母乳で子育てすると生理は止まったままですが、授乳をやめるとまた再開します。これらすべてホルモンの仕業。発毛から母乳まで。人体、不思議ですね。つまりは生理が来て、体調が安定してから脱毛を受けましょう、と言うことです。体調が良いことが重視されているようで、急変の可能性がある「予防接種は施術前後10日間NG」や「飲酒は施術前後12時間NG」などから見てもわかります。

 

ホルモンからは「ピルの常用は?」と言う疑問が生まれますね。こちらは問題なし。施術してもらえます。ミュゼではお薬の常用中の脱毛は医師へ相談を、とおすすめしています。その上で体調が安定していれば、脱毛も受けられるとのことです。

 

妊娠、出産、授乳。この期間、脱毛はお休みです。でも大丈夫。契約は7年有効、回数契約の場合は、最終施術日から5年です。脱毛を中断しても、妊娠して出産し、授乳から卒乳して、少し休んでも大丈夫ですね。

 

ミュゼ 脱毛 男

 

「きれい」は女性だけの形容詞ではなくなりました。人気の俳優さん、アイドルなど、男らしさと美しさ、きれいさを兼ね備えた方に人気が集まっているのは、女性がそんな男性を求めているから、に加えて。男性自身もそうなりたいと切望している、と言う証明ではないでしょうか?

 

ミュゼプラチナム、残念ですが、女性専用サロンです。きれいになりたい男性が通うサロンではありません。働いているスタッフの方もすべて女性。女性の悩みを知り尽くした女性が、女性のために活躍している脱毛サロンです。自分の体の不安を男性に相談したい女性はいませんから、当然かも知れません。

 

ミュゼで採用している美容脱毛法はSSC方式と言うもの。色素に作用する光とジェルの作用で脱毛を行います。痛みが少なく美容にも効果的で肌に優しい半面、医療脱毛に比べ、脱毛効果は低めです。女性にはちょうど良いバランスですが、男性のムダ毛には物足りないかも知れませんね。

 

男性にとっても脱毛は気になるワードになっています。女性が抱える脱毛の悩みと、男性のひげやムダ毛の悩み、同じようですが段違いの差があるのも事実です。女性向けサロンには、男性向けの店舗を置いていることもありますが、女性用の機械では男性の髭脱毛には効果が表れないと言う意見も多く、やはりニードルを使ったり、レーザー脱毛などの医療脱毛もしくはメンズサロンを探すのが良いようです。

 

ミュゼの店員さんて、本当にきれいですよね。店員さんが女性だと嬉しい、と言う男性も多いのですが、ちょっと実際に想像をしてみて下さい。ステキな女性に自分のムダ毛を見てもらう…?実際にはきれいな女性にムダ毛の相談をしたくない、と言う男性の方が多いみたいです。カッコよくなってから、素敵な女性に出会いたいですよね!

 

ミュゼ 脱毛 会員

 

これから脱毛を始めたいなら、絶対おすすめがミュゼプラチナム。新規契約なら割引特典やキャンペーン価格で脱毛を受けることができます。よく「脱毛の入門」と言われている所以です。

 

ミュゼが人気なのは、パーツで脱毛を受けられるところ。ココだけ!と言うピンポイントの脱毛ならとても手軽に受けられます。いきなり全身脱毛を受けるのは心配ですから、少しずつ試しながら、と言う選択肢はありがたいと思います。でも範囲を広げて格安パーツ以外に着手すると、決して安いとは言えない金額になるのも事実です。

 

ミュゼの良いところは、予約変更が簡単にできること。他店ではキャンセル料を取られたり、生理など仕方がない理由でもその回を消化されちゃったり、もったいないことが起こる場面でも、ミュゼの場合、予約アプリで簡単に手続きができます。キャンセル料もなく、1回消化されることもありません。

 

退会するときも安心です。詳しく言うと、契約書を取り交わして2年。期間内なら1回も脱毛を受けなかったら全額を返金してくれます。もし脱毛を受けても、施術した日から2年。残りの回数分を返却してくれますので、コールセンター(コンシェルジュデスク)にお電話を。解約方法を教えてくれます。その時に変な引き止め方をされたり、新たな契約を無理やりさせられたり、と言うことはありません。

 

ミュゼでは契約前に必ずカウンセリングを行うことになっています。脱毛や契約についてお話を聞いて、納得したら契約します。料金を支払い、会員になり、会員カードを受け取れます。そこでやっと初回の予約が取れます。メンバーズカードにある会員番号を使って初めて会員専用サイトを閲覧することができ、マイページで予約管理や行きたい店舗の空き状況もチェックできます。ミュゼの会員証は磁気カードでもICカードでもありません、紙製のバーコードカードですので、会員証を忘れたり、紛失しても大丈夫。申し出て再発行をしてもらえば、同じように通うことができます。

 

ミュゼ 脱毛 解約

 

エステサロンに付き物の心配事。お金のこと、しつこい勧誘のこと、解約できない、返金されない…?ミュゼはその辺にいち早く着目し、問題解決に臨んだ姿勢を示しています。つまりしつこくないし、お金に関してはちゃんとしています、と言うことです。

 

勧誘はほとんどしないらしい

ミュゼプラチナムについては、まずしつこい勧誘、とは聞かれません。ホームページを見て頂くとわかりますが、はっきりと「勧誘なし」を提示しています。採用案内でも同じ、ノルマなし、勧誘なし。もちろん、おすすめやご案内はあると思いますが、何度も何度も繰り返したり、どんどん別の商品をすすめてくるようなことはないみたいです。

 

契約、解約

まず無料カウンセリングを受けなければ会員契約もできません。会員になって初めて施術を予約できます。もし契約後、やっぱりやめたくなっちゃっても、無料で解約することができます。一般的なクーリングオフを適用するなら8日間が期限になりますが、ミュゼでは契約し、料金を支払った後一年以上たっていても、一度も脱毛施術してない場合は全額返金が可能。ミュゼは「返金システム」と呼んでいます。

 

これはミュゼの解約期限が2年(一部サービスでは1年)と規定されているからです。数回のコースを契約した場合、やってみて途中でやめたくなったら、施術を受けてから2年は解約が可能、残りの回数分が払い戻されます。最近忙しくてずっと行ってない、まだ通えるかな、と言う時も安心です。ミュゼの脱毛施術は契約期間を7年、更に最後に通った日から5年が随時更新されます。妊娠、出産して授乳終了までの期間は施術が受けられません。出産を期にお休みして、かれこれ3年ぶりに再び通い始めている、と言う方も結構います。

 

解約する方法

解約したい理由ってたくさんありますよね。お仕事の都合や引っ越し、他のサロンへ乗り換えたり…もし解約したくなったらミュゼのコールセンター(コンシェルジュデスク)に電話しましょう。解約期限内であれば、返金システムを利用することができます。契約書をなくしたとしても大丈夫、まずは電話を。詳しい手続き方法を教えてもらいましょう。

 

解約手続きは店舗で行われます。書き方に従って書類に記入、提出すれば完了です。返金が予想されれば契約書、通帳、印鑑、クレジットカードを利用した方は該当カードが持ち物になります。以前は遅れも見られたようですが、月末までに手続きをすると大体翌月末には返金振り込みされるとのこと。これら解約手続きに関して、違約金や手数料は一切発生しません。

 

ミュゼ キャンペーン
↑キャンペーン・店舗予約に戻る

 

ミュゼ 脱毛 剃り残し

 

長くミュゼプラチナムで脱毛をしている常連さんにとって、最近自己処理が厳しくなったと言う声が多く聞かれます。他店では自己処理が必要でも、剃り残しは追加料金で対応してくれることも多いので、ミュゼでシェービングを断られた方、かなり面食らったようです。少しでも剃り残しや剃り忘れがある場合は、その部分を施術しないと言う徹底ぶり。実はこの「シェービング」、案外デリケートな問題をはらんでいます。

 

本来、他人の体に刃物を当てて良いのはお医者さんか床屋さんだけ。つまり、シェービング業務を行って良いのは床屋さんだけ。似たような職業の美容師さんでもダメなんです。これでは美容脱毛では、自己処理がどうしてもできない部分、背中などは脱毛できなくなっちゃいますよね。

 

美容脱毛業者は、これに「電気シェーバーを使う」方法で対応しています。更にシェービングに料金を発生させられないのでは?と言うグレーゾーンでもあります。シェービングに1円でも金額を付けたら、法に触れる可能性があるのです。ミュゼはここをきっぱり回避しました。

 

美容脱毛店でシェービングを行うにはサービス、つまり無償でなくてはなりません。加え、ご存知のようにミュゼは予約が取れないことで評判を落としています。少しでも効率を上げ、予約が取れる状態にするため、事前の自己処理を徹底してもらうことで解決を図っているのでしょう。反発もあるもののお客様が理解して下されば、短時間で施術が完了し、たくさん予約を受け付けることができます。

 

皆さん、ミュゼで脱毛する前日か当日、気を付けてムダ毛を剃りましょう。電気シェーバーか、慣れていればカミソリでもOK。慌てて肌を傷つけてしまうと脱毛は受けられません。剃り残しは、ちょっとくらいぶつぶつしている程度なら大丈夫、どれくらいかと言うと、恐らく1ミリくらいの長さならOKです。鏡を使ったり、ポーズを工夫すると案外なんとかなるそうです!もちろん、背中、うなじ、ヒップ奥の剃り残しは、ミュゼが無償でお手伝いしてくれます。どの程度まで自分でできるか、慣れや工夫によって差が出るみたい。とりあえずできるだけ頑張ってみてください!

 

ミュゼ 脱毛 シェーバー

 

ミュゼなど、美容脱毛サロンの多くは、ムダ毛のお手入れにはカミソリではなくて電気シェーバーをおすすめしています。実は「肌に刃物を当てる」ことができるのは、理容師資格を持った方のみ、と言う国の定めがあります。サロンで使えるのは電気シェーバーのみ、と言うことになっているみたいなんですね。逆に言えば、お肌を傷つけてしまう可能性があるカミソリより、電気シェーバーはずっと安全です。

 

ミュゼプラチナムとパナソニックのコラボシェーバー

家電と言えばパナソニック。機能的な商品を作っています。元々女性向けのシェーバーではフェリエがありましたが、脱毛サロン代表選手のミュゼとコラボしたら、とってもスタイリッシュな、使いやすさも兼ね備えたシェーバーになったみたいです。カワイイ!と、口コミでも評判上々です。

 

使い方

カミソリなどでムダ毛処理をする場合、泡やジェルを付けて使うと思いますが、フェリエは電気シェーバー。防水性はありません。乾いた状態で使いましょう。全身どこでも使えるのですが、デリケートゾーンと顔で同じものを使い回し…ちょっと気が引けます。2本あると安心ですよね。ミュゼデザインでなくても良いなら、楽天通販をチェック。半額くらいのタイプなら2000円でおつりが出ます。

 

みゅぜのシェーバー本体は3500円くらい。ヘッドが左右に傾いてくれて、剃りやすいと高評価。さすがのパナソニック品質です。替刃もあって、1000円くらい。白にキラキラモチーフがミュゼコラボの目印。定番フェリエより絶対好き!ってわざわざ入会する女性もいたりして。

 

 

ミュゼ 脱毛 お手入れ後

 

ミュゼでは健康な方のお肌に脱毛をしてくれます。いくつか条件があって、肌の乾燥や日焼け、炎症の他に、体調不良の方、脱毛前の12時間以内に飲酒をされた方は、脱毛をお断りされます。その他、結婚を控えている方、妊婦さん、順調に生理が来ていない方、10日以内に予防接種をされた方も脱毛施術を受けることができません。実は脱毛施術後にも、気を付けて欲しいことがあるみたい。

 

ミュゼプラチナムで採用しているSSC方式は、毛穴の奥に作用する方法です。お手入れ後はなるべく発汗を避け、毛穴で炎症を起こさないように気を付ける必要があります。ポイントとしては体温の急上昇、発汗をなるべく避ける、と考えて下さい。

 

具体的には。お酒を飲んだり、入浴、運動は控えましょう。肌を清潔にして、温泉、プール、エステやマッサージもNG。シャワーはOKですが、湯船に浸かるのはNG。岩盤浴はもちろん、ダメです。自己処理でムダ毛を剃るとたまに起こるような、肌の赤み、痒みの原因になってしまいます。

 

もう一つはお手入れ後の体調面への配慮です。脱毛前同様、脱毛後10日は予防接種はやめて下さい。予防接種を受けると、ごくまれに重篤な副反応を起こす方がいらっしゃいます。原因が注射だとすぐに判断するために必要な期間です。薬を飲まない、と言うこともありますが、これも体調を考慮しての条件です。

 

肌質は個人差が大きいのですが、全ての方にご注意いただくことがあります。ミュゼでの施術後は肌に何もつけないようにしましょう。清潔を保つことが重要です。当日か前日、自己処理しますので、その後にクリームなどを塗りたくなりますが、当日は施術前、施術後ともに、肌に何も塗らないでください。翌日からまた保湿クリームなどを使いましょう。なおミュゼでは、お手入れ後すぐから使用できるミルクローションを販売しています。それであれば直後でも保湿できます。

 

ミュゼ 口コミ
↑キャンペーン・店舗予約に戻る

 

ミュゼ 脱毛 腕

 

薄着の季節は腕のムダ毛が特に気になりますよね。しっかり肩を出すファッションはスッキリシルエットになるし、絶対挑戦したい!きれいな腕ならどんどん出したいんだけど、まずムダ毛をなんとかしなくちゃ、と言う場合。剃っても次々生えてくるムダ毛。夏中ずっと続けなきゃダメ?って感じて脱毛にチャレンジする方も多いはずです。

 

特に気になるのが肘下であれば、ミュゼプラチナムのSSC方式美容脱毛が効果的に行えます。光脱毛の場合、色素への反応を使った脱毛ですので、色が濃い、太い毛には良く反応すると言われており、口コミでも、元々薄めの方よりムダ毛が濃くて困っている方が、回数も少なく効果を実感しているみたいです。また肌質や肌色によっても得られる効果が違うみたい。きれいな肌なら効果が早く現れたり、色白の方がムダ毛に良く反応するそうです。

 

光脱毛の施術回数は、満足する状態になるまで10回以上必要と言われているのですが、4回くらいでなかなか良い、とする方も多いみたいです。個人差が大きいので、まずはお試し、と言う回数から初めてもよさそうです。腕の脱毛はLパーツなので、料金は4回で24000円。肘を真ん中にして上、下と2パーツに分かれていますので、4回分のフリーセレクトコースを契約すると、上下で2回ずつ脱毛を受けられます。もちろん、回数を追加契約することもできますし、契約回数の途中でやめたくなったら解約しても大丈夫。

 

肘上のムダ毛の場合、濃いめのむだ毛と言うよりは薄め、細めの毛の方も多いみたい。この場合はひじ下よりも回数を多くする必要があるかも知れません。カウンセリングの時にお話を聞いてみると良いでしょう。ひじ上だけ脱毛する方はあまりいないかも知れませんね、多くは肘下との兼ね合いを見て、と言う形で選択されているでしょう。フリーセレクトコースの契約であれば、回数を多めで契約しても、脱毛範囲を広げたり、脚など他の気になるパーツに変更することもできます。

 

ミュゼ 脱毛 足

 

誰でもきれいな足には憧れますよね。モデルさんや女優さんのピカッとしたきれいな足を見ると、私もきれいにしたい!て思っちゃいます。お仕事上、スカートが制服だったりすると通年でムダ毛処理する女性も多いですし、ミュゼでも足の脱毛はとっても人気があります。

 

ミュゼプラチナムでは、全身を23パーツに分解してパーツ設定しています。このため、自分が気になる部分に集中して脱毛を受けることができて、費用を比較的低く抑えられるのが魅力です。

 

脚の場合、両足の膝上(ふともも)、膝、膝下(すね、ふくらはぎ)、足の甲+指の4つに分解されます。膝上、膝下はLパーツ(広めの範囲)、膝だけ、足の甲と指の脱毛ではSパーツとして扱うのですが、実際にはLパーツの膝下に膝が含まれますので、膝下で契約して膝も脱毛する方が多いです。足の甲+指は独立したSパーツ、足の指に気になる毛がある、と言う方はここだけ脱毛できますし、膝下に追加することもできます。

 

ひざ下の範囲は膝を含んで下へ、足首まで。すねの表面だけでなく裏面のふくらはぎもぐるっと含みます。濃く太い毛が生えている部分でもあり、早い方では4回ほどの施術で効果が表れ始めるようですが、乾燥しがちなひざの脱毛は時間がかかる、と言う意見も見られます。何回で満足するかはかなり個人差があるみたいです。

 

ひざ上の場合はすねよりも細く薄い毛のことが多いですので、脱毛効果も薄い傾向があります。ひざ下より多くの回数を必要とする、と言う意見が多いです。Vラインのムダ毛が太腿まで及んでいる方もおり、その方はVラインとひざ上をセットで脱毛するそうです。脱毛を受ける前にサロンで用意してある使い捨てパンツに履き替えて、足の付け根ギリギリまで施術を受けます。表と裏、どちらもひざ上の範囲に含まれます。生理の時も脱毛OK。

 

施術前に着替えますので、服装は気にしなくて大丈夫ですが、日焼け止め、クリームなどを当日塗ってしまうと施術ができません。日焼けしたお肌にも美容脱毛はできないので、うっかり日焼けにも気を付けましょう。脱毛している間は乾燥に注意!特にひざはカサカサになりやすい部分です。脱毛当日以外はしっかりセルフケアしましょう。

 

ミュゼ 脱毛 顔脱毛

 

顔の脱毛って、結構人気だそうです。女性は毎日メイクをしますので、顔にあるムダ毛、本当に気になりますから納得です。ヒゲなんて生やしたくないですもんね…ミュゼの顔脱毛、パーツが限定されています。

 

ミュゼプラチナムの顔脱毛

ミュゼでは脱毛面積の小さいタイプ、Sパーツとして鼻下、顎の2か所。口周りだけ、ミュゼではもみあげは脱毛していません。お願いしてもお断りされるみたい。他のサロンでは行うお店もありますので、希望する方は探してみて下さい。

 

脱毛しない部分

顔脱毛にはあまり重点を置いていないのかな、と言うミュゼでも、もみあげの脱毛、以前は行っていたようなのです。でも「施術前に自己処理」と言う条件を上げた時点で、ちょっと難しいことになったみたい。例えば「自分で剃って下さい」と言っても、もみあげを上手に好みの状態に、自分で剃れるでしょうか?ミュゼでも自分では剃れない部分は、店員さんがシェーバーで手伝ってくれます。これに当てはめてもみあげも剃ってあげようとすると、お客さんの好みの形と違って、思ったようにならずに問題になって…やむを得ない判断だったのかも知れませんね。

 

このほか目の付近には施術を控えるようです。色に影響する光を扱うため、光が目に入るのは絶対に避けなくてはならなかったのでしょう。加えて、女性の場合は顔には産毛しか生えない方も多いです。黒い色に反応する仕組みで脱毛をしますので、脱毛効果が表れにくいことも関係して来ます。あと施術当日には制汗剤、日焼け止め、保湿剤を付けないよう指示されます。脱毛前のメイクは拭き取ってくれますが、脱毛後のメイク直しはお肌に負担になることもあるそうです。

 

シミュレーションしてみましょう

鼻下を例に、ミュゼでの顔脱毛料金をご説明致します。鼻下は左右のほうれい線と鼻、唇で囲まれた範囲、Sパーツに該当します。脇やデリケートゾーン、すねなど、毛が濃いほど効果が高いとされているSSC方式での脱毛ですので、顔では18回、20回と多めの施術回数が必要とされます。フリーセレクトコースを使って、Sパーツ12回コースを使った場合、36000円と言うお値段。50%割引適用で18000円になったり、脇、Vラインの完了コースパーツプレゼントつきのキャンペーンがかかることもあります。ウェブチェックがおすすめ!

 

誰にも見られたくない部分に限って、脱毛したかったりするんですよね。ミュゼプラチナムのパーツ設定の中にも、胸、乳輪周りと言うものがあります。

 

胸って本当に、本っ当に恥ずかしいですよね

ちょっとショッキングですが、女性にとって、と言うよりは男性にとって、女性の胸は美しくあってほしい、そうです。たとえば胸にちょっとしっかりめの毛が生えていた場合、男性は優しいので口には出さないかもしれませんが、気になっちゃっていることもあるのだそうです。誰にも内緒で自己処理している女性も多いみたいですよ。

 

ミュゼの胸の脱毛のプランは、2パターン存在します。Sパーツとしての「乳輪周り」、Lパーツとしての「胸」です。ミュゼの場合、Lパーツの胸の施術には、乳輪周りも含まれていますが、乳輪周りだけが特に気になる方は、少額でピンポイントの美容脱毛を受けられます。ムダ毛の状態によっては、脱毛部分と、していない部分の境目がはっきり表れることもあります。どのようにきれいにしたいかに加え、予算も考慮しましょう。

 

SパーツとLパーツにわざわざ区分してパーツ設定している、と言うことは。それだけ胸の脱毛を希望する方が多い、と言えます。つまり心配なんてしなくて大丈夫です。胸をきれいにしたい女性は、日本にはたくさんいると言うこと。口コミでも話題に上がりやすいパーツです。恥ずかしいのも最初のうちだけ、とよく聞かれますよ。

 

施術範囲

全身脱毛でも、胸だけの脱毛、さらに狭く乳輪周りだけでも同じですが、元々色素を持った肌への施術はできません。胸の場合、乳輪内は避けて施術を行います。ミュゼでは胸の範囲は体の全面のうち、肩からみぞおちまでになります。それより下は「お腹」と言う別のLパーツです。もし黒いムダ毛が生えていれば光が反応しやすいと言われますが、うぶげ程度の細い毛しかない場合、効果を得るには脇や膝下などに比べて回数を多くする必要があるようです。個人差も多いですが、10回くらいは最低必要だと言われています。

 

ミュゼ 脱毛 手の甲

 

腕や足と違って、手の甲、指は年間通して露出していますので、ここにムダ毛があることを気にしている方は案外多いものです。そもそも毛量は男性ホルモンに起因するとされていますので、ムダ毛が少ないことは女性性の象徴ともとられます。お食事のしぐさ、お仕事中のちょっとした所作から、周囲の方へ「素敵な女性だな」と感じて頂くために、手の甲を脱毛する方も多いです。

 

ミュゼプラチナムのパーツ展開では、手の甲はSパーツです。手の甲だけではなく、指の第3関節も含みます。小さい範囲の施術ですので、肘下や膝下などの大きい面積のLパーツ1回分の値段で2回美容脱毛を受けることができます。最低2回からの契約で6000円から。これがLパーツの1回分の料金と同じ、と言うことになります。

 

ミュゼの脱毛は光やジェルを使った美容脱毛ですので、薄い色の毛、細い毛には効果が表れにくい傾向があります。そのため、手の甲の脱毛には多めの回数が必要になるかも知れません。口コミでは最低10回くらいは必要なのでは、と言われています。

 

手の甲の脱毛の場合、ちょっと注意したいのが境目のこと。脱毛を受けるにつれ、手の甲と腕の差がくっきり分かれてしまうことがあります。もし指の付け根部分だけでもいいくらい、手の甲や腕はそんなに気にならない、と言う方であれば、手の甲パーツのみの脱毛もOKですが、手の甲から腕にかけ、つながるようにムダ毛が生えている方の場合、不自然になってしまうこともあります。肘下、または腕全体の脱毛を考える必要もあるでしょう。

 

ミュゼの場合、「手首より上までちょっとだけ、お願い!」と言ったサービスは行いません。これは会社を運営するにあたり、非常に重要なポイントになります。担当の方がケチなのでも、融通が利かないのでもありません。皆さんがルールを理解して料金を支払い、脱毛を受けています。手首より上まで脱毛をしたい場合、Lパーツを新たに契約すればOKです。肘下は比較的効果が表れやすいとも言われていますので、考えてみて下さい。

 

ミュゼ 脱毛 うなじ

 

ミュゼプラチナムのうなじの美容脱毛は、他の部位とは少し事情が違っています。どんなふうに違うのか、今回は詳しくご説明いたします。

 

自己処理について

ミュゼでは脱毛するパーツについて、予め事前に自己処理する必要があります。当日か前日に、シェーバーで剃っておくのですが、この処理を忘れてしまうと脱毛施術をしてもらえません。もし剃り残しがあった場合、その部分だけ施術してもらえなかったり、残り具合によってはお断りされてしまいます。

 

しかし自分ではどうしてもシェービングすることができないパーツってありますよね。ミュゼではその部分だけは、店員さんがシェービングを、追加料金なしで手伝ってくれますのでご安心ください。背中、VIOのO(ヒップ奥)、うなじもそこに含まれます。それでも自己処理が不要、と言うよりは、「剃り残しはお手伝い致します」と言う姿勢。危険のない範囲で処理をして来て下さい、と言うことですね。

 

うなじ脱毛って難しい?

うなじの毛は髪の毛の延長、他のパーツとは質が違うようです。ミュゼの採用しているSSC方式では、細めの毛に対しては効果が薄いと言われています。そのため、ある程度回数を重ねる必要があります。何回か、と言うと。「30回は必要」と言うエステティシャンの意見がありました。「うなじ脱毛は非現実的」と言う口コミも多いです。

 

うなじ範囲の上部、襟足は好みの形に整えることができます。自己処理が難しい部分なので、店員さん、カウンセラーさんと相談して、きれいな形にしていただくと良いようです。左右は耳まで、下は首の付け根までになります。背中に濃いめのムダ毛がある場合、境目がはっきりしてしまうこともあるみたい。気になる方は背中とセットで脱毛するそうです。逆に、背中を気にして脱毛する延長で、うなじも少し、と言う方の方が多いかも知れませんね。

 

シミュレーションしてみましょう

ミュゼではうなじはSパーツ、ココだけを集中的に美容脱毛を受ける場合で、12回を設定すると、36000円。フリーセレクトコースなので、Sパーツ2回分でLパーツ1回に相当します。襟足に6回受け、残り6回分で背中上(Lパーツ)を3回受けてもOK。

 

ミュゼ 脱毛 ヒップ奥

 

ミュゼプラチナムのSSC方式のメリットは、痛みが少ないこと。全身を医療脱毛しているけど、デリケートゾーンの脱毛だけはミュゼに、と言う方もいるくらい。安心して受けてもらえるそうです。

 

まず心配なのは自己処理。「私、そこ、剃れるかな…」と言う方も多いですが、案外できるようです。背中、うなじとこのヒップ奥は、剃り残してもミュゼでお手伝いしてくれるので、気を付けて、できるだけ頑張りましょう。カミソリを当てるのは本当に怖い部分でもありますから、できれば電気シェーバーを用意することをおすすめします。パナソニックのフェリエは顔用、と思われていますが、実は顔だけじゃなくて全身を上手にきれいにシェービングできる強い味方。

 

女性の顔に傷をつけるようなシェーバーが、売れるはずないですよね。デリケートゾーンの脱毛をする場合、むき出しの刃物を使うのは怖いですから、こう言った使いやすい道具を準備して、安全に自己処理をしてから脱毛を受ける必要があります。ミュゼでは傷のある部分は脱毛してもらえません。

 

ミュゼはデリケートゾーンをいくつかパーツ分解しています。人気のVライン、トライアングル上と下、Iライン、Oラインが主です。ヒップ奥はOライン。Oが持つ特有の問題もあるのですが…

 

ヒップ奥、つまりここは肛門です。日本人の多くの方が悩んでいるのが痔。「実は痔、なんです」と言うと、「まずそちら、治療してから脱毛を…」となります。恥ずかしがる以前に美容脱毛を受けられませんので、ご注意を。あと痔にも数種類あります。切れていたり、炎症であったり、粘膜が飛び出していたり。この粘膜の突出と間違えやすい状態で、肛門の皮膚がたるんでいることがあります。この場合は脱毛が受けられます。ヒップ奥の脱毛をしたいなら、まずはおしりの状態を確認するのが先決ですね!

 

OやIラインは粘膜部分を持ち合わせています。粘膜への脱毛施術はできませんので、皮膚の部分だけを美容脱毛します。更にO、Iラインの範囲の皮膚は色素が多く、光脱毛の特性上効果が表れにくく、施術回数を多めにする必要もあります。何回で満足する状態になるかも個人差が多いのですが、10回以上は必要、と言われています。

 

ミュゼ 脱毛
↑キャンペーン・店舗予約に戻る

 

ミュゼ 脱毛 求人

 

ミュゼの脱毛に通うと、スタッフの方がキラキラして見えるって言う意見、たくさんあるんです。逆に口コミを見ると、女性ばかりの職場特有の、そう、あのドロドロした感じを目の当たりにすることも…ミュゼプラチナムで働きたい方へ、ミュゼの求人について調べました。

 

エステティシャン(店舗勤務)か、コンシェルジュ(コールセンター勤務)

エステティシャンの新卒採用は専門学校卒業から、中途採用は3ヶ月以上の実務経験を持った方を随時受け付けています。コンシェルジュは北海道勤務、学歴は問いません。どちらも条件は「女性」、「ミュゼの脱毛を受けられる、肌を含めた健康状態が良好な方」。

 

業務内容は入社後、研修などで身に着けるので、多くは未経験からスタート。2週間〜1ヶ月の期間、決められた場所で研修を受けます。その間、居所の費用、現地までの交通費は会社負担です。エステティシャンは制服を着て、見える部分にタトゥーがある方はお断りされるようです。加えて視力は1.0以上必要。

 

勤務環境について

まず「ノルマなし、勧誘なし」は求人要綱にもバッチリ記載。でもお客様の評判が良かったり、お店のために頑張るなど、評価すべき点は「星」と言う独自のポイントをもらえるようです。10個貯めたら海外旅行?!素敵!

 

ミュゼはアルバイト求人はなし、すべて正社員です。高卒の方はコンシェルジュか、中途採用で入れます。本社勤務の管理職になりたい方も、最初はエステティシャンで入るようです。お給料は月収20万(都内など繁忙地は23万)くらい、「ボーナスいくら」と記載はなく、変動制。つまり業績次第で高い年もあれば、安い年も。新卒組も転職組も、年収にあんまり違いはないみたい。

 

週休2日、各種お手当や育休、介護休暇も。ノー残業デー、短時間勤務制度の設置もあり、種類も多いので女性には安心です。福利厚生からは、脱毛無料体験!脱毛せずしてミュゼおすすめすべからず、だそうです!

 

面接について

あまり難しいことは聞かれないようですが、志望動機など一般的な回答は用意して行きましょう。髪色や髪型、服装など、身なりには気を配るべきです。女性しかいない現場なので退職者も多く、たくさん採用してくれるみたいです。